イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門
ナノテクノロジー

横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門

大矢 剛嗣 准教授

小間N-18

カーボンナノチューブと身近な材料の複合材が開く未来

YOKOHAMA National University

Associate Professor Takahide OYA

Unique and fanctional composites made from carbon nanotubes and familiar materials for coming smart society

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-18

展示概要

技術概要
カーボンナノチューブ(CNT)を紙や糸等、身近な材料に漉き込み・含侵・塗工した複合材を、簡便な方法で作製することに成功した。作製した複合材には、CNTのゼーベック効果(熱電効果)や半導体の性質を利用して、熱電発電や感熱の他、電子回路としての機能を付与することができる。例えば、紙と組合せ、紙トランジスタや紙太陽電池・電磁シールド紙を、糸と組合せて布にすることにより、熱電発電する布を実現することができる。身近な材料と、熱電効果、増幅機能等の電子回路の動作が組合せられるので、広い応用が期待できる。

想定される活用例
・熱電発電紙・熱電発電布
・家具・インテリア・車載用途
・発熱デバイス・冷却デバイス・電磁遮蔽紙

 

展示のみどころ
試作したカーボンナノチューブを複合したサンプル(複合糸、複合紙)を展示します。その他、応用向け(発熱体・トランジスタ・電磁シールド等)のサンプルも展示・デモンストレーションします。

 

カーボンナノチューブ複合紙(カーボンナノチューブと紙の複合材料。色合いの違いはカーボンナノチューブ含有量の差による)

カーボンナノチューブ複合紙(カーボンナノチューブと紙の複合材料。色合いの違いはカーボンナノチューブ含有量の差による)

特許情報

特許情報1 発明の名称
カーボンナノチューブを含む物品
特許情報1 出願人
国立大学法人横浜国立大学
特許情報1 発明者
大矢剛嗣
特許情報1 出願日
2010年 5月18日
特許情報1 出願番号
特願2010-113889
特許情報2 発明の名称
カーボンナノチューブ含有体を用いた認証システム、認証方法、認証プログラムおよび同認証プログラムを格納してなる記録媒体
特許情報2 出願人
国立大学法人横浜国立大学
特許情報2 発明者
大矢剛嗣 山本一貴
特許情報2 出願日
2012年 2月 8日
特許情報2 出願番号
特願2012-24740
特許情報3 発明の名称
熱電発電デバイス
特許情報3 出願人
国立大学法人横浜国立大学
特許情報3 発明者
大矢剛嗣
特許情報3 出願日
2017年 4月25日
特許情報3 出願番号
特願2017-86031

お問い合わせ先

産学官連携推進部門 産学・地域連携課

電話:045-339-4450   FAX:045-339-4457  

URL:http://www.ripo.ynu.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop